チェリーピンク ヘアカラー

 

透明感が人気のヘアカラーと言えば…

 

アッシュやベージュなどクール系の髪色が多いです。

 

しかし、それとは反対に、暖色系であるチェリーピンクも実は非常に人気の高いカラーです。

 

幅広い髪質に似合いやすく、挑戦しやすいヘアカラーなので、髪色に遊び心を取り入れたい!という人におすすめです☆

 

 

チェリーピンクカラーのバリエーション

 

フルカラー

 

 

チェリーピンクといえばこんな感じのみずみずしい果実のようなピンク。

 

一目見た瞬間に、思わず可愛い!と言ってしまうような髪色です。

 

シルバーアッシュやグレー、明るいベージュなどの透明感のあるヘアカラーをする場合、ブリーチで髪の毛の元の色をかなり消す必要があるます。

 

それに比べてピンクや赤といった暖色系は、少ないブリーチで透明感のある色味が表現できるので、髪にも比較的優しめです。

 

 

グラデーションカラーのチェリーピンク

 

 

毛先だけピンクにするデザインは、ヘアスタイルをグッと魅力的に見せてくれる必殺技です。

 

根元から中間は落ち着いたトーンのグラデーションにすることで根元が伸びてもカラーデザインが長持ちしてくれます。

 

 

 

ブリーチなし ナチュラルピンク

 

 

ブリーチはできるだけ避けたい!という方にはブラウンベースな濃いめのピンクがおすすめです。

 

ブリーチしなくてもある程度の明るさがあれば表現が可能です。

 

室内だとわりと自然で、陽が当たると鮮やかなピンクが楽しめます。

 

 

ブリーチなし ナチュラルグラデーションピンク

 

 

ナチュラルなピンクを、グラデーションカラーで毛先に入れるとこんな感じになります。

 

根本から中間はナチュラルなブラウンなので、冒険し過ぎずピンクが楽しめます。

 

 

インナーカラーでチェリーピンク

 

 

 

インナーカラーにすると二面性のあるデザインになります。

 

表面の髪を暗めにしておけば、学校や職場でバレずにピンクが楽しめるかも知れません。

 

編み込みしたりアレンジしたり、耳にかけるだけでも見え方が変わって面白いです。

 

 

 

一人一人違ったチェリーピンクの遊び方☆

 

元々赤味を持った髪質に相性がよく、髪への負担も少ないおすすめのカラーです。

 

“ピンク系は色落ちしやすい”と言われることもありますが、発色の仕組みを踏まえた施術とアフターフォローによって、十分に髪色を楽むことは可能です。

 

ぜひチェリーピンクヘアカラーに挑戦してみてください☆