メンズパーマのスタイリング術

 

 

前回の記事ではパーマが実はスタイリングの楽さでは最強という説をお話ししました。

 

 

iZmZではお客様が普段スタイリングするにあたり、なるべく少ないアクションでストレスなくパーマスタイルを楽しめるよう、カットやパーマ施術はもとより、お客様のスタイリングスキル、要するにパーマにどれくらい慣れているか、という部分も加味して、スタイリング法をアドバイスさせていただいています。

 

 

慣れればこれほど楽なものはないパーマスタイリング

 

ウェット感がカギのパーマスタイリング

 

 

ウェーブ感のあるパーマスタイルです。

 

このスタイルのポイントはなんといてもウェット感です。

 

パーマスタイル全般に言えることですが、仕上がった時のパサつきをいかに抑えるかが非常に大事になってきます。

 

 

しかし、そのためにこのスタイルで使用するのは、グリースだけです。

 

髪が濡れている状態からドライヤー乾かす前に、髪全体に揉み込んでおけば、ツヤとまとまりのあるウェーブが表現できます。

 

 最近人気の高いグリースですが、なにが長所かというと、ツヤ感・ウェット感を出しながらもジェルやムースのようにバリバリ固まらないことです。

 

セットしたあとも柔らかく髪を動かせる使用感が、ストレスフリーで良い感じです。

 

 

ツイストや強めな質感のパーマ

 

 

こういった強めのパーマやダメージの伴うパーマスタイルには、ツヤ感・ウェット感に加えて、さらにパサつきや傷んだ感じを見せなくするのが大事です。

 

ドライな質感の仕上げ方ももちろんスタイルとしてありですが、ツイスト等の独特の質感を楽しみつつ清潔感も表現できて、洗練されたイメージをも持たせることができます。

 

 

そのために、ジェルワックスなどセット力とツヤ感の強いものを使うのも1つの手ですが、髪自体をケアしつつ過度な乾燥を防いでくれるトリートメントベースのものを使うのがおすすめです。

 

指が入りにくいパーマスタイルには、グリースよりもスーッと髪になじむミルクタイプのほうが付けやすくてストレスがありません。

 

 

ニュアンスパーマ

 

 

パーマ初心者の方や、直毛をくせ毛風にしたい方などに最適なナチュラルパーマは、カールの強さのコントロールが一番センシティブになってくるので、カウンセリングをもとに最適なパーマ施術とスタイリングのアドバイスをさせていただきます。

 

比較的ゆるめにかけたパーマは、ハードなパーマに比べると持ちが良くないので、かけたてとパーマが落ちてきた頃とてスタイリング法も少し変わってきます。

 

かけたてでカールがしっかりあるうちは、ドライヤーで普通に乾かしてカールをなじませるように乾かしていきます。

 

パーマがおちてきてだれてきたら、一番カールが出る、髪が濡れている状態のカールをなるべく崩さないように乾かしていきます。

 

また、初心者の方や、かけたのがあまり分かりすぎるとよろしくない、という事情がお有りの方向けに、普通に乾かしたらほとんどカールが分からなくなるように、あえてゆるめにかけていくことがあります。

 

ゆるいパーマや落ちてきたパーマを最大限復活させてくれるアイテムもあります。

 

 

パウダーインミスト等がそれです。

 

こちらはもともと、トップの立ち上がりがつきにくい人用に、重さのないパウダーの力でふんわり立ち上がりをつけるためのベース剤ですが、パーマのスタイリングにかなり効果を発揮します。

 

乾かす前にパーマ部分にスプレーしておくと、パーマのリッジがしっかり出てくれるので、これがあると自然なニュアンスパーマが長期間楽しめるようになります。

 

 

そして最強のウラ技が!

 

ここまでお話ししてきたやり方のすべてに言えることですが、パーマのスタイリングにおける乾かし過ぎやパサつきの原因は、“ドライヤーの風”です。

 

乾かす際に風が髪を吹き飛ばしてしまうことで、カールがバサッと崩れてしまうのです。

 

それを避けるため、ドライヤーを極力使わず自然乾燥させる、という手段に出ることも過去にはありましたが、それはやはり髪や頭皮によくありません。

 

 

そこで大活躍するのがこのアイテムです。

 

 

このようにドライヤーにセットするだけで、髪を吹き飛ばす風を柔らかく分散させてくれるので、自然乾燥させたような仕上がりが手に入るのです。

 

これを使えばパーマのスタイリングがほぼ無敵になってしまう、まさにチート級のウラ技と言えます。

 

欲しい方はぜひご相談ください。

 

 

パーマでさらに自由になる

 

その人それぞれにちょうど良いスタイリング法が分かれば、時間も手間もかかりません。

 

今回ご紹介したスタイルはすべて、つけて、乾かす。それだけのアクションでセットが終わるので、セットがきらいな人にこそパーマをおすすめしたいです。

 

ご相談お待ちしています。