夏の終わりに大事なケア

 

美髪をつくるのにとても大事な頭皮ケア。

 

抜け毛やかゆみを感じたら、乾燥や生え変わりのサインかもしれません。

 

夏に受けた紫外線や頭皮トラブルが、秋の髪の生え変わりに影響するといわれています。

 

普段目に見えにくい部分ですが、ぜひ積極的にケアしてあげてください。

 

 

 

やるなら今!季節の変わり目の頭皮ケア

 

1、ヘッドスパ

 

 

頭皮の凝りをほぐしてうるおいをあたえるヘッドスパが、頭皮ケアの定番です。

 

頭皮環境を整えるのはもちろん、心身の疲れを取ってくれるの加えて、さらにお顔のたるみを改善するといった美容効果もあります。

 

本格的なコースから、お手軽なプチスパまで様々なメニューがあります。

 

頭皮は、知らず知らずのうちに緊張して凝りやすい部分なので、マッサージすると意外にスッキリします。

 

普段のシャンプー時にセルフマッサージを取り入れるのもお勧めです。

 

 

2、頭皮の色診断

 

 

頭皮の健康状態は、硬さだけでなく、「色」でも診断することができます。

 

それは、信号機と同じです。

 

青:健康な頭皮は白く、若干青みがかっているように見えます。全体的にはキレイに青白くても、日焼けによって分け目やつむじの部分だけ色が違う、という方も多いです。

 

黄:緊張による疲れやストレスなどで頭皮が凝り、血行が悪くなってくると黄色味を帯びてきます。このくらいまでは、スパなどによるケアがとても有効です。

 

赤:常に頭皮が赤いという場合は、炎症を起こしている可能性があるので、ひどい場合には病院でみてもらうことをお勧めします。

 

 

3、カラーするときは頭皮を保護しましょう

 

 

カラーを塗布する際に、頭皮を保護してくれる処置があります。

 

定期的に行うカラーリングの度に頭皮を保護することで、刺激や乾燥、そして頭皮の硬化を防ぎます。

 

こちらは少し長期的な話にはなりますが、将来の髪の弾力・ハリを守るのに有効です。

 

 

キレイな髪は健康な頭皮から

 

まだまだ暑いですが、9月になると気分は秋に向かいますね。

 

おしゃれの季節でもあるので、楽しみにしている方も多いことでしょう。

 

そんな美意識をお持ちの皆様にとって、この季節に大事なのが頭皮ケアです。

 

頭皮ダメージをきちんとリセットして、キレイな髪を育みましょう。